植物検定【エフェクト】

問題文 エフェクト
「コウモリラン」とも呼ばれる
観葉植物として人気の着生シダ
麋角羊歯ビカクシダ
「シルクジャスミン」の名前でも
知られるミカン科の観葉植物です
月橘ゲッキツ
「スズカケ」の別名を
持つバラ科の植物
小手毬コデマリ
「テングノウチワ」など
多くの別名を持つ木です
隠蓑カクレミノ
「にせアカシア」とも
呼ばれる街路樹です
針槐ハリエンジュ
「マカンバ」「サイハダカンバ」
とも呼ばれるカバノキ科の落葉樹
鵜松明樺ウダイカンバ
「山のアスパラガス」とも
呼ばれる植物です
牛尾菜しおで
「秋の七草」のひとつです桔梗ききょう
「春の七草」に数えられる
ダイコンの別名です
清白すずしろ
「春の七草」のひとつ・仏の座は
現在ではこう呼ばれます
田平子たびらこ
「春の七草」のひとつですすずな
「春の七草」のひとつですセリ
「禅ローズ」シリーズで知られる
株式会社ペレニアル所属の育種家
河合伸志かわいたかし
『私、食虫植物の奴隷です。』
などの著作がある食虫植物愛好家
木谷美咲きやみさき
1951年にナンジャモンジャゴケを
発見した名古屋大学の教授
高木典雄たかきのりお
1953年「日本植物友の会」の
初代会長に就任した植物学者
本田正次ほんだまさつぐ
1973年に「花粉はブラウン運動を
起こさない」と告発した植物学者
岩波洋造いわなみようぞう
2015年に猿橋賞を受賞した
気孔形成の研究で著名な植物学者
鳥居啓子とりいけいこ
4月ごろに黄緑色の花を咲かす
街路樹としておなじみの木
鈴懸の木すずかけのき
5~6月頃に旬を迎える
中国原産の細いタケノコ
淡竹はちく
インドネシア、フィリピンで
国花となっています
茉莉花マツリカ
オミナエシ科の植物です男郎花オトコエシ
カエデの園芸品種です八入やしお
クスノキとともに鹿児島県の
県木に指定されています
海紅豆カイコウズ
サクラの品種「ソメイヨシノ」の
和名を付けた博物学者
藤野寄命ふじのよりなが
サバティエにより仏語訳もされた
島田充房・小野蘭山作の植物図譜
花彙かい
サボテンなどの多肉植物に起こる
成長点が連なり帯状に育つ変異
綴化てっか
シダ植物にみられる、葉の先が
二股やそれ以上に分かれる奇形
獅子葉ししば
ジャガイモの品種の一つです花標津はなしべつ
その中に花粉が詰まっていますやく
なんとなくカワイイ名前を
持つクスノキ科の植物
油瀝青アブラチャン
ペチュニアの品種・アフィニアを
作出したサントリーの研究員です
坂嵜潮さかざきうしお
ホウキ、ブラシ、縄などの
原料になるヤシ科の植物です
棕櫚しゅろ
マツやイチョウなど
風を利用して受粉する花
風媒花ふうばいか
まな板の素材などに使われる
日本原産の常緑針葉樹です
羅漢柏あすなろ
マメ科の植物・クローバーの
日本での別名の1つです
白詰草しろつめくさ
モロヘイヤはこの植物の
名前の科に属しています
科木シナノキ
ヨモギの別名です指燃草さしもぐさ
ラグビーで、オールブラックスの
エンブレムに描かれる植物です
羊歯シダ
英語名を「ローズアップル」
別名を「ホトウ」という植物
蒲桃フトモモ
園芸の世界では「ルドベキア」と
呼ばれるキク科の帰化植物です
大反魂草オオハンゴンソウ
沖縄では1月下旬に開花する
「日本一早く咲くサクラ」です
寒緋桜カンヒザクラ
夏に花を咲かせる
キク科の一年草です
向日葵ひまわり
夏に白または紫色の花をつける
イワタバコ科の植物です
石弔蘭シシンラン
花の形が、書道で使う墨壺に似て
いることから名付けられました
すみれ
花の中心部にある生殖器官しべ
花は桃、葉は竹に似ている
インド原産の植物です
夾竹桃きょうちくとう
花粉症の原因にもなる
日本特産の常緑高木です
すぎ
樺太に引かれた植物の分布境界を
「シュミット線」と命名しました
工藤祐舜くどうゆうしゅん
気温と植生との相関の指標となる
「温量指数」を考案した生態学者
吉良竜夫きらたつお
九州、四国、紀伊半島にまたがる
日本の植物区は「○○○地区」?
襲早紀ソハヤキ
兄に作家の白鳥をもつ、屋久島や
台湾の植物相を研究した植物学者
正宗厳敬まさむねげんけい
元禄5年に伊藤伊兵衛が刊行した
日本最古のツツジ・サツキ専門書
錦繍枕きんしゅうまくら
現在はタビラコとも呼ばれる
「春の七草」のひとつです
仏の座ほとけのざ
現在はハハコグサとも呼ばれる
「春の七草」のひとつです
御形ごぎょう
五弁のピンクの花が
有名なアオイ科の植物
芙蓉ふよう
午後3時ごろに花が咲くことから
「三時花」とも呼ばれる帰化植物
爆蘭ハゼラン
高さは約3m程まで成長するが
食用にも木材にも適しません
独活うど
根が止血剤として用いられる
バラ科の植物です
吾亦紅ワレモコウ
細くてしなやかな竹のこと弱竹なよたけ
山地や道端に見られる
キク科の一年草です
雌巻耳メナモミ
飼料作物としても重要な
イネ科の穀物
玉蜀黍とうもろこし
若芽は食用となり
根は薬となるタデ科の草
虎杖いたどり
種子に猛毒として知られる
ストリキニーネを含んでいます
馬銭マチン
種子植物の胚珠の中にある
雌性配偶体
胚嚢はいのう
純白の大きな花を咲かせる
サボテンの一種です
月下美人げっかびじん
小ぶりの黄色い花が咲く
道端で見かけるキク科の植物です
鬼田平子オニタビラコ
松任谷由実の『春よ来い』の
出だしにも登場する常用低木
沈丁花じんちょうげ
植物の分布境界線「宮部線」を
命名した植物学者
舘脇操たてわきみさお
植物の葉などに
違う色が混ざっていること
斑入りふいり
植物の葉にみられる
維管束の筋です
葉脈ようみゃく
植物の葉の周辺にみられる
ギザギザした凹凸のこと
鋸歯きょし
植物群落が、その地域の気候条件
に適応し、安定状態に達すること
極相きょくそう
植物群落が国の天然記念物に
指定されている京都市の湖
深泥池みどろがいけ
みぞろがいけ
植物内にある通路です維管束いかんそく
森林で、日光を直接に受けて
高木の枝葉が茂る部分のこと
林冠りんかん
水上勉の小説『櫻守』のモデルに
なった桜の研究で有名な植物学者
笹部新太郎ささべしんたろう
水芭蕉などサトイモ科の植物に
見られる、漏斗状の部分です
仏炎苞ぶつえんぽう
世界で唯一の蘚苔類専門研究機関
「服部植物研究所」の設立者です
服部新佐はっとりしんすけ
早春に黄色い花をつける
落葉樹です
金縷梅まんさく
草花との触れ合いを通じて
子どもの感性を養います
花育はないく
他のアヤメの仲間に先駆けて花を
咲かせることがその名の由来です
一初イチハツ
泰澄上人にまつわる伝説も残る
国の特別天然記念物「?のスギ」
石徹白いとしろ
大きいものでは20mを超すという
西部劇でもおなじみの柱サボテン
弁慶柱ベンケイチュウ
大正時代に日本で初めて
チューリップを育てた園芸家
水野豊造みずのぶんぞう
地下茎の周りの葉が肉厚で
球状の塊になっているもの
鱗茎りんけい
中央気象台職員時代の1951年に
桜の開花予想を始めた気象学者
大後美保だいごよしやす
中国・三国時代の人物の名に
ちなむ、高さ25mにもなる竹
孟宗竹もうそうちく
中国の伝説にちなんで
「虞美人草」とも呼ばれます
雛罌粟ひなげし
中国語で「杉」といったら
この植物のことを指します
広葉杉コウヨウザン
中国語で「椿」といったら
この植物のことを指します
香椿チャンチン
庭木として人気の「センジュ」は
この植物の園芸品種です
側柏コノテガシワ
日本ではオリーブの別名に
なっている植物です
橄欖カンラン
粘液を分泌して花粉を受ける
雌しべの先端部分です
柱頭ちゅうとう
農作物や樹木に発生する
病害の一種
銹病さびびょう
馬が食べるとシビレてしまう
ツツジ科の常緑低木です
馬酔木アシビ
アセビ
白い表皮が木綿を巻いたように
見えることから名がついた植物
浜木綿はまゆう
仏教で重要視され
別名を「仏前草」という植物
シキミ
仏教で重要視され
別名を「仏前草」という植物
シキミ
仏典に登場する聖樹「龍華樹」の
正体ともされる熱帯性の常緑高木
照葉木テリハボク
物を研ぐのに使ったことから
その名がついたシダ植物
砥草とくさ
別名を「キミカゲソウ」と
いうユリ科の植物
鈴蘭スズラン
別名を「ジャノメソウ」という
キク科の植物
波斯菊ハルシャギク
別名を「マスクサ」という
植物です
蚊帳吊草カヤツリグサ
本を出版することを意味する熟語
「上梓」の「梓」はこの樹のこと
木大角豆キササゲ
魔除けとして扉に飾られたことが
その名の由来といわれる常緑低木
トベラ
蘭学者・宇田川榕菴が著した
日本初の体系的植物学書です
菩多尼訶経ぼたにかきょう
和気清麻呂にまつわる伝説も残る
国の特別天然記念物「?のクス」
蒲生かもう

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うさたん。

Author:うさたん。
しがないサラリーマン(製薬)

▽pop'n music, IIDX, SDVX, QMA
引退

ポップン譜面集はこちら
忍者TOOLSのPWがリセットされたため更新終了

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
コンテンツ
検索フォーム
RSSリンクの表示