植物検定【連想】

※ヒントの順番はランダムの問題もあり、一様にこの順番で表示されるとは限りません。
ヒント ダミー
大森貝塚発掘にも参加
ソメイヨシノに学名を付ける
ワサビに学名を付ける
小石川植物園の初代園長
松村任三平瀬作五郎
保井コノ
三木茂
コビトホラシノブ
ヤドリコケモモ
フジノカンアオイ
ワダツミノキ
奄美大島の固有種小笠原諸島の固有種
伊吹山の固有種
大雪山の固有種
ムニンツツジ
シマウツボ
ウラジロコムラサキ
タコノキ
小笠原諸島の固有種伊吹山の固有種
大雪山の固有種
奄美大島の固有種
ルリトラノオ
ミヤマコアザミ
コバノミミナグサ
コイブキアザミ
伊吹山の固有種小笠原諸島の固有種
大雪山の固有種
奄美大島の固有種
キバナシオガマ
ミヤマヤチヤナギ
クモイリンドウ
ホソバウルップソウ
大雪山の固有種奄美大島の固有種
伊吹山の固有種
小笠原諸島の固有種
日本での自然分布の北限は種子島
呼吸根の形状は「板根」
小さな白い花を咲かせる
別名「リュウキュウコウガイ」
メヒルギヒルギモドキ
マヤプシキ
ヒルギダマシ
日本での分布北限は石垣島
呼吸根の形状は「直立根」
花びらのない白い花を咲かせる
標準和名は「ハマザクロ」
マヤプシキヒルギモドキ
オヒルギ
ヤエヤマヒルギ
メヒルギ
ヒルギダマシ
日本での分布北限は奄美大島
小さな赤い花を咲かせる
呼吸根の形状は「膝根」
南大東島の群落は国の天然記念物
オヒルギヒルギダマシ
メヒルギ
ヤエヤマヒルギ
マヤプシキ
日本での分布北限は沖縄本島
小さな白い花を咲かせる
呼吸根は発達しない
シクンシ科の植物
ヒルギモドキヒルギダマシ
メヒルギ
ヤエヤマヒルギ
植物ホルモンの一種
種子の休眠を打破し、発芽を促す
発見者は黒沢英一
種なしブドウの生産に利用
ジベレリンアブシシン酸
オーキシン
サイトカイニン
植物ホルモンの一種
気孔の開口や側芽の生長を促す
発見者はフォルク・スクーグら
「カイネチン」が代表例
サイトカイニンアブシシン酸
オーキシン
ジベレリン
植物ホルモンの一種
主に植物体の成長を促す
発見者はフリッツ・ウェント
「インドール酢酸」が代表例
オーキシンジベレリン
サイトカイニン
アブシシン酸
植物ホルモンの一種
化学式はC15H20O4
発見者はF・アディコットら
気孔の閉口や種子の休眠を促す
アブシシン酸オーキシン
ジベレリン
サイトカイニン
シダ植物の名前
ヒメ○○○
イワ○○○
エゾ○○○
デンダシノブ
カグマ
ワラビ
シダ植物の名前
キク○○○
コケ○○○
ノキ○○○
シノブカグマ
デンダ
ワラビ
シダ植物の名前
ミズ○○○
イヌ○○○
カナ○○○
ワラビシノブ
カグマ
デンダ
シダ植物の名前
ミサキ○○○
オドリコ○○○
コバノイシ○○○
カグマシノブ
デンダ
ワラビ
ドイツの化学者が考案
培養液の一つ
生育に必要な無機塩類の水溶液
植物の水栽培に利用される
クノープ液リンゲル液
ルゴール液
ベネディクト液
ブナ科の樹木
古くは「ツルバミ」と呼ばれる
シイタケの原木になる
カブトムシが集まる
クヌギシラカバ
コナラ
ガマズミ
ブナ科の樹木
ドングリがなる
別名「ホウソ」「ハハソ」
「大楢」に対して命名
コナラクヌギ
ウツギ
シラカバ
マメ科の一年草
シチリア島の原産
別名「ジャコウエンドウ」
強い毒をもっている
スイートピークローバー
アルファルファ
エニシダ
デイゴ
マメ科の多年草
江戸時代に日本に渡来
別名は「シロツメクサ」
普通は3枚、幸運なら4枚の葉
クローバーアルファルファ
エニシダ
スイートピー
デイゴ
マメ科の多年草
「最良の草」という意味
「牧草の女王」と呼ばれる
別名「ムラサキウマゴヤシ」
アルファルファクローバー
デイゴ
スイートピー
フトモモ科の常緑高木
西インド諸島原産
別名「ジャマイカペッパー」
日本では「百味胡椒」とも
オールスパイスチョウジ
ユーカリ
フェイジョア
フトモモ科の常緑高木
別名は「百里香」
モルッカ諸島の原産
つぼみは香辛料クローブに
チョウジフェイジョア
オールスパイス
ユーカリ
グアバ
フトモモ科の常緑高木
別名「ガムツリー」
オーストラリア原産
コアラの主食
ユーカリグアバ
チョウジ
フェイジョア
フトモモ科の常緑低木
スペインの植物学者から命名
南アメリカ原産
果実は食用となる
フェイジョアグアバ
チョウジ
オールスパイス
フトモモ科の小高木
熱帯アメリカ原産
別名「バンジロウ」
ザクロに似たトロピカルフルーツ
グアバユーカリ
チョウジ
フェイジョア
セリ科のハーブ
南ヨーロッパ原産
中国ではシャンツァイ
タイではパクチー
コリアンダーキャラウェー
パセリ
フェンネル
クミン
ナス科
南アメリカ原産
もともとは観賞用や薬用
葉にニコチンを含む
タバコサツマイモ
トマト
ピーマン
ジャガイモ
ナス科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
別名は「恋なすび」
解熱・鎮痛薬として用いられた
マンドラゴラチョウセンアサガオ
ベラドンナ
トリカブト
アヤメ科の球根植物
南アフリカ原産
ラテン語で「剣」
別名「オランダあやめ」
グラジオラスフリージア
クロッカス
ヒヤシンス
キク科の多年草
カナリア諸島原産
別名は「木春菊」
中央が黄、周囲が白の花を咲かす
マーガレットタンポポ
コスモス
ガーベラ
キク科の多年草
一重咲きと八重咲き
ドイツの医者の名にちなむ
別名は「アフリカセンボンヤリ」
ガーベラタンポポ
マリーゴールド
ダリア
キク科の多年草
メキシコの原産
スウェーデンの植物学者から命名
別名は「テンジクボタン」
ダリアマリーゴールド
タンポポ
シネラリア
キク科の一年草
メキシコの原産
アフリカンとフレンチ
別名は「孔雀草」
マリーゴールドダリア
マーガレット
コスモス
シソ科の多年草
花から油が採られる
映画『時をかける少女』
北海道の富良野
ラベンダージャスミン
オリーブ
スイセン
フリンジ咲き
ビリデ咲き
パーロット咲き
別名「鬱金香」
チューリップダリア
マーガレット
ポインセチア
水生植物の分類
ウキクサ、ホテイアオイなど
根が水中に垂れ下がっている
葉や茎が水面に浮かんでいる
浮水植物浮葉植物
抽水植物
沈水植物
水生植物の分類
ジュンサイ、オニバスなど
水底に根を張る
葉が水面に浮かんでいる
浮葉植物抽水植物
沈水植物
浮水植物
水生植物の分類
ガマ、ハスなど
水底に根を張る
葉や茎が水面上に突き出ている
抽水植物沈水植物
浮水植物
浮葉植物
水生植物の分類
水底に根を張る
オオカナダモ、クロモなど
植物全体が水中にある
沈水植物枕水植物
浮葉植物
抽水植物
植物の一門
胞子で繁殖
前葉体
ワラビやゼンマイ
シダ植物コケ植物
被子植物
裸子植物
植物の一門
双子葉類、単子葉類
胚珠が子房に包まれている
ウメやサクラ
被子植物裸子植物
シダ植物
コケ植物
植物の一門
重複受精をしない
胚珠が心皮に包まれていない
マツやイチョウ
裸子植物被子植物
シダ植物
コケ植物
ヒノキ
ソテツ
マツ
イチョウ
裸子植物被子植物
シダ植物
コケ植物
チューリップ
アブラナ
タンポポ
アサガオ
被子植物シダ植物
コケ植物
裸子植物
トクサ
スギナ
ワラビ
ゼンマイ
シダ植物コケ植物
裸子植物
被子植物
動物細胞・植物細胞ともにある
フランツ・バウアーが発見
遺伝情報の保存・伝達を行う
球形の構造物
液胞
細胞壁
葉緑素
動物細胞にはない
リグニン
セルロース
細胞膜を囲む
細胞壁葉緑素

液胞
動物細胞にはない
円盤状の小器官
グラナとストロマ
光合成を行う
葉緑素
液胞
細胞壁
花のつくりのひとつ
別名「うてな」
タンポポの冠毛
最も外側にある部分
がくおしべ
めしべ
花びら
花のつくりのひとつ
先端には「やく」という袋
アブラナには6本
めしべを取り囲む
おしべがく
めしべ
花びら
花のつくりのひとつ
柱頭(ちゅうとう)
花柱(かちゅう)
子房(しぼう)
めしべおしべ
がく
花びら
花をハーブに用いる
シソ科の植物
和名は「ヤナギハッカ」
酒のベネディクティンの材料
ヒソップエルダー
セージ
ジュニパー
花をハーブに用いる
スイカズラ科の植物
別名は「パイプツリー」
「万能の薬箱」の異名をとる
エルダーカモミール
セージ
ジュニパー
地中海地方の原産
美少年ナルシス
房総半島、越前海岸、淡路島
クチベニ、ラッパ
スイセンジャスミン
ラベンダー
オリーブ
アジア西部の原産
ビターとスイート
別名「巴旦杏」「扁桃」
杏仁豆腐の香り付け
アーモンドジャスミン
ラベンダー
オリーブ
熱帯地方原産
インドでは「花の王」と呼ばれる
和名は「茉莉花」
芳香を移したお茶
ジャスミンラベンダー
オリーブ
アーモンド
小アジア原産
ユリ科の球根植物
別名は「鬱金香」
オランダで品種改良される
チューリップヒヤシンス
ハイビスカス
ローズマリー
地中海沿岸、小アジア原産
アヤメ科の球根植物
ギリシャ語で「糸」
別名は「花サフラン」
クロッカスサルビア
ハイビスカス
チューリップ
地中海沿岸、小アジア原産
オスマン帝国で園芸化
和名は「風信子」
ギリシャ神話に登場する美少年
ヒヤシンスハイビスカス
チューリップ
サルビア
シソ科に属する
ブラジル原産
別名は「緋衣草」
夏~秋に赤い花を咲かせる
サルビアハイビスカス
ヒヤシンス
フリージア
シソ科に属する
地中海沿岸原産
別名は「迷迭香」
葉から取れる油は香水などに利用
ローズマリーサルビア
ハイビスカス
チューリップ
アオイ科に属する
ブッソウゲやその園芸品種のこと
ハーブティーの材料
ハワイを象徴する植物
ハイビスカスチューリップ
サルビア
ヒヤシンス
北アメリカ原産
別名「アメリカヤマボウシ」
ワシントンへのサクラ寄贈の返礼
一青窈のシングル曲
ハナミズキコブシ
サザンカ
サルスベリ
ムラサキ科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
根は下痢止めの薬に用いられる
別名は「ヒレハリソウ」
コンフリーチョウセンアサガオ
マンドラゴラ
ベラドンナ
デンドロビューム
バンダ
シンビジウム
カトレア
洋蘭薔薇
水仙
朝顔
アザレア
サルウィン
グランサム
ユキ
ツバキスミレ
タンポポ
ツツジ
ユリ
ヒメ
アリアケ
ノジ
サンシキ
スミレナデシコ
タンポポ
リンドウ
シナノ
ヒメハマ
タカネ
ヤマト
ナデシコツツジ
リンドウ
スミレ
ドイツ
カンザキ
シロ
ヒオウギ
アヤメツバキ
スミレ
ナデシコ
ホソバ
シロバナ
キリシマ
アケボノ
リンドウスミレ
ナデシコ
ツツジ
キリシマ
ウンゼン
ドウダン
レンゲ
ツツジナデシコ
タンポポ
リンドウ
シロバナ
ヤツガタケ
トウカイ
カンサイ
タンポポユリ
ツバキ
アヤメ
花の品種
ジェシカ
マリアンヌK
綾姫
ダリアガーベラ
ヒマワリ
シクラメン
「春の七草」の一つ
アブラナ科の植物
花は黄色
いわゆる「カブ」のこと
スズナナズナ
ハコベラ
ゴギョウ
「春の七草」の一つ
花は白色
中央アジアか地中海地方の原産
大根の昔の呼び名
スズシロナズナ
ホトケノザ
ハコベラ
「春の七草」の一つ
かつて草餅の材料
キク科の多年草
別名は「母子草」
ゴギョウセリ
ナズナ
スズナ
「春の七草」の一つ
若い苗を食用とする
「川菜」「根白草」
名前は「競り合う」から
セリナズナ
スズナ
スズシロ
ハンノキ
クマシデ
ミズメ
ヘーゼルナッツ
カバノキ科サガリバナ科
ヤマモガシ科
クルミ科
ナポレオナエア
ホウガンノキ
ゴバンノアシ
ブラジルナッツ
サガリバナ科ヤマモガシ科
クルミ科
カバノキ科
ハゴロモノキ
バンクシア
プロテア
マカダミアナッツ
ヤマモガシ科クルミ科
カバノキ科
サガリバナ科
ハゼノキ
カシューナッツ
マンゴー
ピスタチオ
ウルシ科マメ科
キク科
サボテン科
パラミツ
ガジュマル
パンノキ
イチジク
クワ科マメ科
ナス科
シソ科
チョロギ
サルビア
ペパーミント
ラベンダー
シソ科クワ科
マメ科
アカネ科
ロフォフォラ
フライレア
アズテキウム
オプンティア
サボテン科クワ科
アカネ科
マメ科
ヘクソカズラ
クチナシ
キナ
コーヒーノキ
アカネ科アブラナ科
クスノキ科
フトモモ科
クチナシ
キナ
ハクチョウゲ
コーヒーノキ
アカネ科マメ科
ウルシ科
ナス科
クズ
カンゾウ
ハギ
スイートピー
マメ科アヤメ科
クワ科
ウルシ科
ユリ科
セロリ
アシタバ
パセリ
ニンジン
セリ科クスノキ科
フトモモ科
ヒルガオ科
ダイコン
ワサビ
ブロッコリー
キャベツ
アブラナ科セリ科
クスノキ科
ツツジ科
コケモモ
アザレア
シャクナゲ
ブルーベリー
ツツジ科フトモモ科
バラ科
アカネ科
グラジオラス
サフラン
クロッカス
カキツバタ
アヤメ科バラ科
ツツジ科
フトモモ科
クローブ
グアバ
オールスパイス
ユーカリ
フトモモ科アヤメ科
アカネ科
バラ科
次の花は、いずれも何科の植物?
連想
キク科アブラナ科
バラ科
マメ科
キク科の多年草
関東、関西、西洋
英語では「dandelion」
漢字では「蒲公英」
タンポポ コスモス
ヒマワリ
ミヤコワスレ?
モクセイ科の植物
北海道を走る特急列車
和名は「ムラサキハシドイ」
フランス語では「リラ」
ライラック ラベンダー
ウスユキソウ?
スズラン

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うさたん。

Author:うさたん。
しがないサラリーマン(製薬)

▽pop'n music, IIDX, SDVX, QMA
引退

ポップン譜面集はこちら
忍者TOOLSのPWがリセットされたため更新終了

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
コンテンツ
検索フォーム
RSSリンクの表示