囲碁・将棋・トランプ検定【連想】

※ヒントの順番はランダムの問題もあり、一様にこの順番で表示されるとは限りません。
ヒント ダミー
花札の遊び方の一つ
二人で遊ぶ
もっとも点が高い役は「五光」
猪鹿蝶
こいこいおいちょかぶ
手本引
はちはち
花札の遊び方の一つ
二人以上で遊ぶ
親と子で争う
札の計の一の位が9に近いと勝ち
おいちょかぶ手本引
はちはち
こいこい
花札の遊び方の一つ
三人以上で遊ぶ
碁石を使って点数を数える
四三、食付、手四などの役
はちはちこいこい
おいちょかぶ
手本引
デュプリケート
ラバー
セブン
コントラクト
ブリッジスピード
ナポレオン
ページワン
「二枚替えなら○ともせよ」
「手のない時は端○を突け」
「○のない将棋は負け将棋」
「開戦は○の突き捨てから」



敵の打ちたいところへ打て
両取り逃げるべからず
王の早逃げ八手の得
桂馬の高跳び歩の餌食
将棋オセロ
花札
囲碁
橘中の楽しみ
手談
爛柯
烏鷺の争い
囲碁将棋
麻雀
花札
コミ
ダメ
アタリ
アゲハマ
囲碁チェス
オセロ
麻雀
「頭巾」という意味
通常は28枚で1組
正方形を2つ並べた形
日本では「並べて倒すもの」
ドミノチャトランガ
スクランブル
バックギャモン
2人~8人で遊ぶ
考案者はチャールズ・ダロウ
舞台はアトランティック・シティ
「独占」という意味
モノポリーオセロ
チェス
ラミーキューブ
アンパッサン
プロモーション
キャスリング
チェックメイト
チェスオセロ
バックギャモン
ポーカー
1対1のゲーム
近代五輪の承認競技
白と黒の激しい争い
「チャトランガ」が起源
チェスラミーキューブ
ドミノ
バックギャモン
1対1のゲーム
長谷川五郎が独自に考案
白と黒の激しい争い
名前はシェークスピアの戯曲から
オセロドミノ
モノポリー
スクラブル
1対1のゲーム
起源はメソポタミア
1人15個の持ち駒
西洋すごろく
バックギャモンドミノ
チャトランガ
ラミーキューブ
ドイツ生まれのボードゲーム
作者はクラウス・トイバー
資源を使って道や家を作る
カプコンがアレンジして発売
『カタンの開拓者たち』『カルカソンヌ』
『ラミーキューブ』
『6ニムト!』
ドイツ生まれのボードゲーム
作者はクラウスユルゲン・ヴレデ
タイルをつなげて道や都市を作る
古代ローマの要塞都市に由来
『カルカソンヌ』『ラミーキューブ』
『6ニムト!』
『カタンの開拓者たち』
通称「出雲のイナズマ」
森けい二門下の女流将棋棋士
元「キラリっ娘」のメンバー
2013年に史上初の女流五冠
里見香奈高橋和
千葉涼子
石橋幸緒
桜井昇門下の女流将棋棋士
2005年に女流王将戦で初タイトル
旧姓は碓井
将棋解説での個性的な聞き手
千葉涼子高橋和
矢内理絵子
甲斐智美
中村修門下の女流将棋棋士
2013年に女流王将を獲得
愛称は「番長」
立命館大学文学部に在学中
香川愛生加藤桃子
室田伊緒
井道千尋
北尾まどか
上田初美
西村一義門下の女流将棋棋士
2009年とちぎ未来大使に就任
夫は将棋棋士の片上大輔
どうぶつしょうぎを考案
北尾まどか室田伊緒
加藤桃子
香川愛生
夫は将棋棋士の及川拓馬
伊藤果門下の女流将棋棋士
2011年マイナビ女子オープン優勝
第1回白瀧あゆみ杯争奪戦優勝
上田初美北尾まどか
室田伊緒
加藤桃子
関根茂門下の女流将棋棋士
1997年に女流王位戦で初タイトル
2006年に女流名人となる
愛称は「ヤッピー」
矢内理絵子高橋和
甲斐智美
千葉涼子
佐瀬勇次門下の女流将棋棋士
1993年の竜王戦で男性に勝利
LPSAの初代代表理事
清水市代との二強時代を築く
中井広恵清水市代
斎田晴子
蛸島彰子
高柳敏夫門下の女流将棋棋士
子どもへの指導でも有名
タイトル獲得の通算最多記録
2000年にクイーン四冠を達成
清水市代斎田晴子
中井広恵
蛸島彰子
本田幸子門下の女流囲碁棋士
姉の三村芳織も囲碁棋士
夫は囲碁棋士の杉本明
2013年に女流本因坊を獲得
向井千瑛知念かおり
吉原由香里
加藤啓子
藤沢里菜
小林泉美
会津中央病院杯の初代優勝者
2014年女流本因坊を獲得
史上最年少でプロ囲碁棋士に
祖父は囲碁棋士の秀行
藤沢里菜小林泉美
知念かおり
吉原由香里
慶応大学出身
加藤正夫門下の女流囲碁棋士
2009年に女流棋聖を3連覇
漫画『ヒカルの碁』を監修
吉原由香里向井千瑛
加藤啓子
謝依旻
藤沢里菜
2006年若鯉戦の初代優勝者に
黄孟正門下の女流囲碁棋士
2006年17歳で女流最強戦に優勝
2010年に史上初の女流三冠を達成
謝依旻知念かおり
吉原由香里
小林泉美
喜多文子門下の女流囲碁棋士
女流棋士初の八段
1991年から女流名人戦4連覇
妹の本田幸子、楠光子も棋士
杉内寿子宮崎志摩子
伊藤友恵
小川誠子
史上2人目の500勝達成
木谷実門下の女流囲碁棋士
1986年に女流本因坊を獲得
夫は俳優の山本圭
小川誠子杉内寿子
宮崎志摩子
伊藤友恵
夫は囲碁棋士の楊嘉源
時本壱門下の女流囲碁棋士
愛称は「ニコちゃん」
女流本因坊、女流棋聖を獲得
知念かおり吉原由香里
向井千瑛
藤沢里菜
茨城県出身の女流囲碁棋士
夫は囲碁棋士の溝上知親
2007年女流名人戦で初タイトル
2008年女流最強戦で優勝
加藤啓子藤沢里菜
小林泉美
吉原由香里
祖父は囲碁棋士の木谷実
女流棋士初のグランドスラム達成
夫は囲碁棋士の張栩
父は囲碁棋士の光一
小林泉美加藤啓子
藤沢里菜
謝依旻
日本将棋連盟の理事
森信雄門下の将棋棋士
妻は女流棋士の北尾まどか
東京大学在学中にプロデビュー
片山大輔中座真
横山泰明
青野照市
中央大学出身
桜井昇門下の将棋棋士
新人王戦は決勝で糸谷哲郎に敗戦
妻は女流棋士の島井咲緒里
横山泰明片上大輔
中座真
青野照市
3連敗後の4連勝でタイトル防衛
獲得タイトルは王位
花村元司門下の将棋棋士
著書『これが最前線だ!』
深浦康市村山聖
先崎学
久保利明
「怪童丸」の異称
師匠は森信雄
大崎善生のノンフィクション
29歳の若さで死去
村山聖羽生善治
森内俊之
丸山忠久
郷田真隆
棋界の太陽
自然流
高柳敏夫門下の将棋棋士
第16世永世名人
中原誠大山康晴
米長邦雄
升田幸三
花田長太郎門下の将棋棋士
詰将棋の賞に名を残す
名誉十段
実力制第二代名人
塚田正夫大山康晴
升田幸三
土居市太郎
女子将棋の倉敷藤花戦
木見金治郎門下の将棋棋士
実力制第三代名人
通算1433勝は歴代1位
大山康晴塚田正夫
米長邦雄
中原誠
著書『将棋大観』
愛称は「常勝将軍」
南禅寺の決戦
実力制の初代名人
木村義雄大山康晴
塚田正夫
中原誠
剱持松二門下の将棋棋士
実力制第六代名人
「神武以来の天才」
史上初の通算1000敗を記録
加藤一二三米長邦雄
升田幸三
塚田正夫
1968年獲得の十段が初タイトル
史上初の中学生プロ棋士
史上初の公式戦通算1000敗
「神武以来の天才」「棒銀一筋」
加藤一二三羽生善治
谷川浩司
佐藤康光
高柳敏夫門下の将棋棋士
1988年に棋聖を獲得
居飛車穴熊戦法を考案
かつて公文式のCMに出演
田中寅彦三浦弘行
森安秀光
福崎文吾
だるま流
藤内金吾門下の将棋棋士
1983年に棋聖を獲得
兄の正幸も将棋棋士
森安秀光三浦弘行
森けい二
南芳一
趣味はバイオリン演奏
永世棋聖
「緻密流」
ニックネームは「みっくん」
佐藤康光羽生善治
渡辺明
森内俊之
趣味は水泳とチェス
史上3人目の中学生プロ棋士
1996年にはタイトル七冠を独占
妻は元・女優の畠田理恵
羽生善治村山聖
佐藤康光
藤井猛
獲得タイトルは棋聖のみ
史上最年少でタイトル獲得
五十嵐豊一門下の将棋棋士
ニックネームは「忍者屋敷」
屋敷伸之橋本崇載
渡辺明
郷田真隆
林海峰門下の囲碁棋士
「平成の四天王」の一人
妻は女流囲碁棋士の小林泉美
2010年にグランドスラムを達成
張栩羽根直樹
山下敬吾
高尾紳路
「平成の四天王」の一人
愛称は「忍の貴公子」
天元を三連覇
棋聖、本因坊、碁聖を獲得
羽根直樹山下敬吾
高尾紳路
坂井秀至
1997年に全日本アマチュア本因坊
佐藤直男門下の囲碁棋士
2010年に碁聖のタイトルを獲得
京都大学医学部出身
坂井秀至羽根直樹
山下敬吾
結城聡
菊池康郎門下の囲碁棋士
「平成の四天王」の一人
愛称は「フルスイング」
2011年に名人本因坊
山下敬吾河野臨
村川大介
張栩
スモール中国流布石
小林光一門下の囲碁棋士
2005年に天元戦で初タイトル
2014年は名人戦で井山裕太に敗戦
河野臨結城聡
坂井秀至
山下敬吾
妻は女流囲碁棋士の原幸子
安藤武夫門下の囲碁棋士
第1回三星火災杯優勝
2000年から名人を4連覇
依田紀基張栩
羽根直樹
井山裕太
石井邦生門下の囲碁棋士
2009年史上最年少の20歳で名人に
妻は女流将棋棋士の室田伊緒
史上初の六冠を達成
井山裕太依田紀基
張栩
山下敬吾
佐藤直男門下の囲碁棋士
JALスーパー早碁初代王者
2010年に天元、2013年に十段獲得
「武闘派」
結城聡村川大介
河野臨
依田紀基
広瀬平治郎門下の囲碁棋士
原爆下の対局
囲碁の海外普及に尽力
日本棋院の第2代理事長
岩本薫坂田栄男
高川格
藤沢秀行
橋本宇太郎
光原伊太郎門下の囲碁棋士
1968年に53歳で初の名人
愛称は「タヌキ」
1952年から本因坊を9連覇
高川格藤沢秀行
橋本宇太郎
坂田栄男
福田正義門下の囲碁棋士
棋聖6連覇で名誉棋聖に
1977年に初代棋聖を獲得
孫の里菜は女流囲碁棋士
藤沢秀行橋本宇太郎
坂田栄男
岩本薫
増渕辰子門下の囲碁棋士
愛称は「カミソリ」
本因坊戦で7連覇
史上初の名人本因坊
坂田栄男高川格
橋本宇太郎
岩本薫
1990年に王座で初タイトル
島村俊廣門下の囲碁棋士
愛称は「中京のダイヤモンド」
息子の直樹も囲碁棋士
羽根泰正加藤正夫
小林光一
王立誠
名誉王座
「木谷三羽烏」の一人
史上最長の14年連続タイトル保持
愛称は「殺し屋」
加藤正夫武宮正樹
小林光一
林海峰
坂田栄男を破り20代で名人に
藤田梧郎門下の囲碁棋士
歴代2位の名人通算8期
史上2人目の名人本因坊
林海峰小林光一
趙治勲
武宮正樹
石井芳夫
麻雀で役満となる
英語では「Four Quartets」
「幻の役」
あがった時の手牌は18枚
四槓子字一色
国士無双
大三元
麻雀で役満となる
英語では「Thirteen Orphans」
完成させやすい役満
13面待ちが可能
国士無双大三元
四槓子
字一色
麻雀で役満となる
英語では「Big Three Dragons 」
ポンをしても大丈夫
「白」「發」「中」
大三元四槓子
国士無双
九蓮宝燈
麻雀で役満となる
英語では「All Honors」
ポンをしても大丈夫
すべて字牌
字一色国士無双
四槓子
九蓮宝燈
初代優勝者は橋本宇太郎
前身は早碁名人戦
20人によるトーナメント
産経新聞社が主催
十段戦王座戦
本因坊戦
棋聖戦
初代優勝者は橋本宇太郎
1983年から加藤正夫が8連覇
決勝は5番勝負
日本経済新聞社が主催
王座戦本因坊戦
名人戦
碁聖戦
初代優勝者は加藤正夫
前身は全日本第一位決定戦
決勝は5番勝負
新聞囲碁連盟が主催
碁聖戦天元戦
王座戦
十段戦
昇仙峡の逆転劇
当初は2年に1回の開催
初代優勝者は関山利一
毎日新聞社が主催
本因坊戦名人戦
天元戦
碁聖戦
最年少優勝は井山裕太
最多防衛は小林光一の7連覇
初代優勝者は藤沢秀行
朝日新聞社が主催
名人戦天元戦
本因坊戦
王座戦
十段戦
海外でもタイトル戦を行う
初代優勝者は藤沢秀行
読売新聞社が主催
賞金は日本の棋戦で最高額
棋聖戦十段戦
本因坊戦
王座戦
前身は日本棋院選手権戦
初代優勝者は藤沢秀行
1年で最後のタイトル戦
新聞三社連合が主催
天元戦本因坊戦
王座戦
十段戦
「別冊近代麻雀」に連載
福本伸行の代表作
Vシネマ化、TVアニメ化
「きたぜ、ぬるりと…」
『アカギ』『麻雀飛翔伝 哭きの竜』
『ゴト師株式会社』
『月下の棋士』
「近代麻雀ゴールド」に連載
福本伸行の代表作
赤木しげるが登場
井川ひろゆきと天貴史
『天 天和通りの快男児』『ゴト師株式会社』
『月下の棋士』
『麻雀飛翔伝 哭きの竜』
原作は下田一仁、作画は佐原充敏
根津甚八の主演で映画化
Office Z80
「漫画パチンカー」で連載
『ゴト師株式会社』『ムダヅモ無き改革』
『アカギ』
『麻雀飛翔伝 哭きの竜』
「ビッグコミックスピリッツ」
能條純一の代表作
TVドラマ化
「駒が泣いているぜ」
『月下の棋士』『ムダヅモ無き改革』
『アカギ』
『麻雀飛翔伝 哭きの竜』
「○は成らずに好手あり」
「桂頭の○定跡なり」
「○は千鳥に使え」
「○が泣いている」
銀将金将
王将
桂馬

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

プロフィール

うさたん。

Author:うさたん。
しがないサラリーマン(製薬)

▽pop'n music, IIDX, SDVX, QMA
引退

ポップン譜面集はこちら
忍者TOOLSのPWがリセットされたため更新終了

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
コンテンツ
検索フォーム
RSSリンクの表示