任意のオブジェクトのみを出力1

SAS プロシジャ実行結果の、任意の部分だけを出力することが出来ます。

  例えば UNIVARIATE プロシジャを実行した場合、
  左図のように「モーメント」や「基本統計量」など
  いくつかの「オブジェクト」のまとまりとして出力されます。

  これのうち、任意のオブジェクトだけを出力する
  といったことが出来ます。
  そのためには、各オブジェクトに固有の名前を知ることが必要になります。


オブジェクト名を知るには「ODS TRACE」ステートメントを利用する方法と、
オブジェクトのプロパティから目視で確認する方法があります。


■ ODS TRACE Statement
以下のようにODS TRACE ステートメントで TRACE を ON にしてプロシジャを実行します。

ods trace on;
proc univariate data=sashelp.class;
    var age;
run;
ods trace off;




するとアウトプットには通常通りに実行結果が出力されるのに加え
以下のようにログ画面に各オブジェクトの情報が出力されます。



これは「モーメント」に当たるオブジェクトの情報で、
実際にはこれに続けて「基本統計量」などのオブジェクト情報も出力されるはずです。

オブジェクト名は、「出力の追加」のすぐ下の「名前:」の右のものになります。
すなわち「モーメント」のオブジェクト名は「Moments」です。

ただこれだとオブジェクト数が多い場合には、どれがどのオブジェクトの情報なのか
分かりにくいので、以下のような「LABEL」オプションを使うと便利です。

ods trace on / label listing;





このオプションを指定すると、オブジェクト情報がログ画面ではなく、
アウトプット画面の各該当する箇所に出力されます。


■ オブジェクトのプロパティから確認する方法
上記の ODS TRACE を使う方法はいちいち実行する必要がありましたが、
新たにプロシジャを実行しなければならず結構面倒くさいです。
実行に時間を要するプロシジャなら尚更です。

そこで、既に実行済みで結果ウィンドウに出力されているものから
同様のオブジェクト情報を得る方法があります。

  結果ウィンドウで、左図のように
  情報を表示したいオブジェクトを選択肢して
  右クリックし、プロパティ(R)を選びます。


すると、以下のようなウィンドウが表示され、
名前を含めてオブジェクトの情報を確認することができます。




keywords : SAS ODS TRACE SELECT



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

うさたん。

Author:うさたん。
しがないサラリーマン(製薬)

▽pop'n music, IIDX, SDVX, QMA
引退

ポップン譜面集はこちら
忍者TOOLSのPWがリセットされたため更新終了

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
コンテンツ
検索フォーム
RSSリンクの表示